イベントカレンダー

【タイトル】

  • 文学

  • トークライブ

  • 萩原恭次郎 生誕120年記念展 荷物も無し!進むのみ!

萩原恭次郎 生誕120年記念展 荷物も無し!進むのみ!
期 日 2019年11月2日 [土]~2020年1月26日 [日]
休 日 2019年11月6日 [水] 2019年11月13日 [水] 2019年11月20日 [水] 
2019年11月27日 [水] 2019年12月4日 [水] 2019年12月11日 [水] 
2019年12月18日 [水] 2019年12月25日 [水] 2019年12月29日 [日] 
2019年12月30日 [月] 2019年12月31日 [火] 2020年1月1日 [水] 
2020年1月2日 [木] 2020年1月3日 [金] 2020年1月8日 [水] 
2020年1月15日 [水] 2020年1月22日 [水] 
会 場 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館 2階展示室
【前橋市千代田町3-12-10】
時 間 9時~17時(入館は30分前まで)
料 金 一般:400円(朔太郎展示室もご覧になれます)
高校生以下:無料
障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名無料

〇観覧無料の日
・11月2日(土) 展示会初日
・11月9日(土)、12月7日(土)、2020年1月11日(土) 学芸員展示解説日
・2020年1月9日(土) 前橋初市まつり
内 容  多くの近代詩人を輩出してきた前橋。その中にあって、大正末期から昭和初期にかけて、きわめて先鋭的な活動を展開した詩人・萩原恭二郎―。
 初期の抒情詩を経て、未来派、ダダイズム、構成主義といった前衛芸術の波に身を投じ、1925年(大正14年)には、日本におけるアヴァンギャルド芸術運動の記念碑的詩集『死刑宣告』を刊行。アナキズム、農民詩へとスタイルを変え、美術や音楽、舞踊、演劇など、他ジャンルとの往還的な活動を繰り広げ、39歳で早逝した詩人は、常に時代の先端を疾走し続けました。
 本展では、生誕120年にあったって、その前衛性や革新性を中心に、萩原恭次郎の詩作品と活動の軌跡を紹介します。

詳細はHPまたは下のチラシをご覧ください。
お問合せ先 萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館
TEL:027-235-8011
URL https://www.maebashibungakukan.jp/kikaku/3277.html
チラシ 詳細はこちら

▼イベント会場

▼おすすめのイベント

▼イベントカレンダー

※まちなかボタン選択時は全てのカテゴリーが表示されます